★会社を立ち上げた起業家、中興の祖となりたい事業継承者の方へ

社員の参加意識が高まる、社外の協力を得られる!その秘策とは?

組織が不安定な時期を乗り切り、社会貢献と自社の発展を固めるロジックとは何か

性を含め、若いビジネスマンたちにも今『孫子』が注目されている。ご存知の通り、時代の転換点では常に注目される歴史上の人物だが、弟子たちが記録した彼の名言集「孫子の兵法」は、自らが主体的に変化を起こそうとする経営者には必須の要素がギッシリ詰まっている。

国の存亡に関わるマネジメントについて書かれているこの名著が再び注目される背景には、個人も会社も“選択が重要”になってきたと感じる時代の空気だろう。私の身近でも、クライアントである経営者たちは“これからどうするか”を今、強く意識している。
日本では、「勢いがある業界」とか「斜陽産業だ」とか1990年代ぐらいまでは業種ごとに語られていたが、21世紀になってからは同じ業種の中で浮き沈みが分かれるようになった。同じような商品を売っていても、沈んでいく会社もあれば、勢いを増す会社もある。その違いはいったいどこにあるのか。

種・業界ごとの浮き沈みではなくなったということは、所属している業界に勢いがあれば安心していられるという時代ではなくなったということ。そういう時代にこそ経営者のマネジメントが重要になるが、「孫子の兵法」でも指摘されている通り、組織が目的を達成しようとするときに、リーダーとメンバーの心に隙間や反発があってはうまくいかない。組織の不協和音は誰のせいかといえば、言うまでもなくリーダーの責任が一番大きい。

また、過去のしがらみから脱却できていないということも、沈み込んでいく企業にはあるように見える。企業の技術や特徴というものは培われてきた連続性があり、企業の強味と密接に結ばれているものだが、しがらみも絡んでいるもの。できたばかりの新会社であれ、歴史ある企業であれ、自社のリソースをゼロベースで考えて、残すもの、削るもの、力を入れるものを選んで実行していく必要がある。


ーダーとメンバーがひとつになって進めば大きな力を生む。JAL(日本航空)や、ルノーと提携したころの日産自動車の取り組みを書いた本を読めば、一体感の重要性が感じられるだろう。そう、あれだけ苦境に立たされていた会社でも再生は可能なのだ。
人間は、何をやるかよりなぜやるかによってパフォーマンスが変わるものだから、リーダーはビジョンで社内外の人を惹きつけるのが役割だ。指し示す目標と、それが実現できることを信じさせられる戦略があれば、小さな組織でも大きなことを実現できる。

あなたがこれからやろうとしていることは、きっと素晴らしいことだと思う。しかし、お客さまに、社員に、世の中にきちんと伝わるようにしなければ、その夢は大きく実らないだろう。ではしっかり伝わるようにするにはどうしたらよいのか。
まず、自分が実現したいことをしっかり把握することはもちろんのことだが、会社がメリットを提供する“お客さま”や、あなたの会社が解決しようとしていることに詳しい“オピニオンリーダー”、社会的発言力が高い“報道関係者”、お客さまとに接する“売り手”といった、関係者たちの本音を引き出すことだ。


彼らの本音をつかみ、彼らが求めることを満たしながら、自社の強味、公益性、エビデンス(証拠)がハッキリ示せる資料として「情報ファイル」をつくろう。

情報ファイルの中身がしっかりすれば、どこを目指しているのか、どういうポジションなのかが社長以外の人にも理解できるようになる。それは、従業員も経営者と同じ目線に立てるような“しくみ”づくりにもつながる。そうなれば組織はひとつになるし、社外の協力も得られる。社内に“エース”を育てることもできるようになる。

そして、リーダーならやはり数字に強くなろう。会計の専門用語を覚えろという固い話ではなく、お金の流れが語るストーリーを理解すれば、格段に数字は面白くなる。トップマネジメントにとって、数字は世界共通言語だ。

に働くメンバーの心に情熱の火をともし、社外の人たちからの協力を得られるようにするためには「情報ファイル」があるとよい。これをつくり出すことは自分でできることだが、経験がないと時間がかかる。そして自分のことを客観的に観ることにも慣れが必要だ。
そこで外部のサポートが有効になるのだが、当社のプログラムは初回無料でコンサルテーションしている(但し首都圏の企業限定。また、旅費交通費はご負担いただきます)。
また、ブレークスルーのしかけをつくりたい、レバレッジを利かせたいという経営者も多い。その構築にも当社のコンサルテーション・スタッフは貢献できる。
それに、当社がサポートをして取り組んだ会社は、おかげさまで7割が補助金を獲得された。

社を立ち上げたばかりの起業家も、中興の祖となりたい事業継承者も、会社を通じて社会に貢献する「志」をぜひ実らせてほしい。盤石なしくみをつくるには何をするべきか。

チャレンジする人のために弊社では、3つのサポートプログラムを用意。
事業の核をつくりたい経営者の方は、初回無料のコンサルテーション(※首都圏限定)を受けて、あなたの会社を内外に知ってもらう「情報ファイル」を完成させよう。


<事業の核をつくりたい経営者の方へ>
1)企業のレバレッジやブレークスルーについても書かれた電子書籍「稼げる天職」が、今なら期間限定で無料ダウンロードできます!今すぐダウンロードして読みはじめましょう!(※)
※定価1200円の書籍を、期間限定でApple iBooks Storeにて無料ダウンロード、Amazonでは99円でダウンロードできます。

2)下記のボタンをクリックし、1回限定で1時間無料のコンサルテーションを受けましょう!(※)
※対象エリアは、首都圏(離島を除く、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の方に限らせていただきます。
※コンサルテーションにかかる旅費・交通費はご負担いただきます。

<助成金情報が欲しい方>
まずは助成金の募集情報を入手しよう。

<独立したい個人の方>


<PR>


<関連記事>